原因を特定

歯科医

虫歯になりやすい原因にはいくつか理由があります。
ひとつは食べたものが歯の間に詰まった状態であること、つまりきちんと磨けていないということです。
歯をきちんと磨いているつもりでも、歯と歯の間には意外と食べかすが詰まっています。
歯ブラシで隙間まではなかなかきれいに掃除ができないので、隙間専用のフロスや歯間ブラシを使用するのがよいでしょう。
甘いお菓子やキャンデーなどを常に口の中に入れている状態も虫歯によくありません。
もうひとつは唾液の量が少ないことです。
あまり固いものを噛む習慣がなく、唾液の量が少ないとドライマウスになったり、虫歯になりやすい口内環境になってしまいます。
虫歯の予防としては、定期的に歯科で診察を受けることも大切です。

虫歯は歯槽膿漏とは違い、歯がしみたり痛みがあるなどの自覚症状がありますが、できはじめの初期の虫歯はほとんど自覚症状がありません。
歯のトラブルは、早期発見・早期治療が歯に負担がかからず、費用が少なくて済みます。
初期の虫歯はほとんど削る必要もなく、治療がすぐに終了します。
治療の後は、歯医者さんから歯磨き指導をしてもらうと、より普段の歯の予防につながります。
自宅での歯磨きで注意することは、研磨剤の入っていない歯磨き粉を使うことと、力を入れてブラッシングしないことです。
研磨剤は歯を白くする効果がありますが、歯のエナメル質を削ってしまうこともあるのです。
力を入れたブラッシングも歯茎を傷める原因になるので、研磨剤の入っていない歯磨き粉を選び、時間をかけてやさしくブラッシングするようにしましょう。