小顔になる方法を実践しよう|憧れの美貌が手に入る

ウーマン

セルフケアと美容整形外科

女の人

小顔になりたい人のサイト

小顔になる方法は美容クリニックが知っています。まずはカウンセリングを受けて小顔になれる方法を知りましょう。

小顔.com

小顔になる方法を知りたい人は注目しましょう。美容整形を受ければその場で顔が小さくなったのを確認できます。

日常のなかで小顔になる方法

小顔になる方法は様々です。でも、エステや小顔ローラーは予算がかかるしなんとなく敷居が高いなんて思う方も多いでしょう。ですが、小顔になる方法は必ずしもお金がかかるわけではありません。小顔になる方法としてまず、気をつけるポイントがいくつかあります。ほおづえをつく癖がある方はまずそれを直しましょう。ほおづえは顔を歪ませる原因となります。顔が歪むと骨格の形から大きな顔になってしまうので要注意です。鏡で正面から自分の顔を見てみると、ほとんどの方がほお周りがアシメントリーになっています。これは横を向いて寝たり、食事の時の噛み癖などによって起こるもので、これらも歪みの原因となります。なので、ご飯の時はなるべく左右どちらの歯も使うようにし、寝る時もなるべく上を向いて寝るように心がけましょう。次に、簡単にできて効果抜群のマッサージについてです。顔が大きく見える原因の中でも大きいのがむくみによるものです。むくみは、水分の取りすぎや塩分や甘いものの食べ過ぎで起こったり、女性ホルモンの乱れからも発生します。完全にむくみを取るのは難しくても、日々のマッサージを続けていくことでむくみにくい体質になることは可能です。実際のマッサージの方法についてです。まず、行うタイミングとしてはお風呂の中もしくはお風呂上がりのスキンケアタイムがおすすめです。なぜなら、血流が良くなっているタイミングで行うことでリンパが流れやすくなるからです。滑りをよくするためにクリームもしくは乳液もしっかり塗ってからスタートさせてください。顔の皮膚はとてもデリケートなのです。まずは、おでこからこめかみにかけてを三本指でクルクルとマッサージしましょう。中から外側へ向かうイメージです。次に、親指と人差し指の間を使ってあごから耳下までをほぐしていきます。ここはリンパがたまりやすい場所なので入念に行いましょう。20から30往復が目安です。次は、手をグーにして眉毛の上のラインをマッサージします。目の疲れを取り、パッチリ目になる効果も期待できますよ。ここまでは各パーツをマッサージしてきました。最後に、こめかみや目元、耳下に集まったリンパを全て流しています。まずは首の上から下へグーの手でリンパを流していきます。鎖骨まで降りたら、グーの手のまま周りをぐるぐるほぐしましょう。次に、三本指を使って鎖骨から脇の下にリンパを移動させます。脇の下は一番大きなリンパが集まる場所です。流してきたリンパを、ここでほぐしたら完了です。しかし、間違ったマッサージをしてしまうことで余計に小顔から遠のいてしまうこともあるため、そういった場合はプロの方に任せると良いでしょう。また、マッサージでは小顔効果が得られるまでに多大な時間がかかってしまいます。すぐにでも小顔になる方法には美容整形外科が挙げられます。美容整形外科ではボトックス注射など注射器だけで済むプチ整形も行なっているため、安心して足を運ぶことができます。

他人にばれないので安心

顔を触る人

ボトックス注射や脂肪溶解注射は、小顔になる方法として有名です。どちらもゆっくりと効果が現れるため、他人にばれず自然に綺麗になれるでしょう。顔の状態によっては、両方打ったほうが効果が高い場合もあるので、カウンセリングをきちんと受けるのがおすすめです。

女性の悩みを解消する

ナース

小顔になる方法は、血液の流れやリンパ液の流れを良くして老廃物を流れやすくする事が重要です。そうする事で顔のむくみや二重アゴが改善してスッキリと小顔になる事が出来ます。

原因をしっかり把握する

ウーマン

小顔になる方法はセルフケアから美容治療まで幅広くあります。その為まずは自分の顔が大きく見える原因は何かきちんと判断し、適切なケアを行うことが重要になってきます。

手軽に小顔になる方法

ドクター

ファッションモデルのようなスタイルに憧れ、小顔になりたいと思っている女性は多いことと思います。では、具体的に小顔になる方法にはどのようなことが挙げられるのでしょうか。